SERVICE

ベテランのノウハウをデータ化する「ナレコムVR」

HoloLensを装着しながら作業することで、カメラや位置情報、3Dマップを取得することができ、取得したデータを保存し利用するためのプラットホーム。1人称目前でデータを残すことができ、何度も繰り返し見ることで技術継承に関する課題を解決することができる。

6つのサービス概要

01 CHARACTERISTIC

過去のデータを蓄積、
熟練者の作業を視線・画像・
音声・テキストなどで
空間に記録します

02 CHARACTERISTIC

CADデータ上に3Dで
表示できるので
直感的にわかります

03 CHARACTERISTIC

紙に記録する必要がなく、
あとでPCからでも確認・情報
共有ができます

04 CHARACTERISTIC

マニュアルに
載っていないことも
カスタマイズできます

05 CHARACTERISTIC

作業を記録することで、
その人のスキルを可視化し
人材育成に使えます

06 CHARACTERISTIC

人材育成だけでなく、
お客様に自社製品の説明や
PRにも使えます

できることの一例
01 表示
  • マニュアルの表示

    両手が自由になるのでマニュアルを見ながら作業ができます。

  • 空間上に3Dで手順を表示

    どこをどうすべきか直感的に作業手順がわかります。

  • チェックリストの表示

    作業しながらチェックを入れることができるので、作業漏れのリスクを軽減できます。

  • 前回レポートなどの表示

    前回の作業内容等を現場で参照し、作業の判断材料にできます。

  • 動画の再生

    目安となる動画と実際を現場で比較することができたりします。

  • 1人称視点での作業動画の録画

熟練者の作業動画の保存

作業者視点で録画可能なので、ベテラン特有の視線の動き(目のつけどころ)などの情報も得ることができます。
動画を用いたトレーニングにも活用できます。

未習熟者の作業動画の保存

作業動画を確認することで、作業者の習熟レベルを評価できます。

  • 任意の場所(空間)に情報を記録

    空間にメモを作成・保存することができるので、例えば仕様変更があった部品に注意事項をメモしたり、交換した部品に交換日情報を付与することもできます。

  • 3Dマップ /

  • 位置情報 /

  • 録音機能

02 記録
03 情報共有
  • 現場作業員と視覚の共有

    作業者と同じ目線で遠隔サポートできるので、指示出しなどの意思疎通がスムーズになります。

  • 作業をしながらコミュニケーション

    HoloLensであれば両手が空いているので、作業しながら遠隔地の作業指示者とコミュニケーションが取れ、円滑に作業を進めることができます。

  • 複数の作業者と視覚の共有

    現場作業者と、作業指示者、製品担当者などの複数の作業者で同一の画面を共有することができます。

  • lotやAIとの連携

    アラートを表示させ、次に何をすべきかの案内までを誘導することもできます。

  • 機器の状態をすぐに閲覧

    パソコンの画面を開かなくて、機器の状態を作業しながら確認することができます。問題発生時には即座に対応することが可能になります。

04 連携
TOP
お問い合わせ